男性が振るう暴力

イニャシオ・ラモネ(Ignacio Ramonet)
ル・モンド・ディプロマティーク編集総長

訳・森亮子

line

 これはヨーロッパでの話である。女性への男性パートナーによる暴力が信じられないほどの数に達している。ドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)が、交通事故や癌さえも抜いて、16歳から44歳までのヨーロッパ人女性の身体障害や死亡の原因のトップに躍り出たのだ。

 国によって女性の25%から50%が、虐待の犠牲になっている。例えばポルトガルでは、52.8%の女性が、夫や同棲相手から暴力を受けたと述べている。ドイツでは、4日に3人が生活を共にする男性に殺されている。1年あたり300人近い。イギリスでは、こうした女性が3日に1人の割合で殺されている。スペインでは4日に1人、つまり1年に100人近くだ。フランスでは、男性によるドメスティック・バイオレンスで毎月6人の女性が亡くなっている。5日に1人の割合だ。3分の1が刺殺、また3分の1が射殺、20%が絞殺、そして10%が殴殺である(1)。欧州連合(EU)に加盟する15カ国(25カ国への拡大前)で、合計して毎年600人の女性が家庭内で性差別的暴力を被っている。つまり、1日に2人近くである(2)

 加害者のプロファイルは必ずしも、よく思い浮かべられるような像とは一致しない。こういった暴力行為は、教育水準が低く、恵まれない環境で育った人間と結び付けられがちだが、それは間違いだ。有名なアーティストである恋人に、2003年8月6日に殺された女優マリー・トランティニヤンの悲劇もそれを示している。欧州評議会の報告書は、「ドメスティック・バイオレンスの発生数は、収入や教育のレベルに応じて増加しているようにさえ思われる」と明言する。また同報告書は、オランダでは「女性に暴力をふるう男性のほぼ半分が、大卒以上の学歴をもつ」ことを強調する(3)。統計によると、フランスでは加害者の大半が、ある程度の権限のあるポストに就いた男性である。管理職(67%)、医療従事者(25%)、警察や軍の幹部クラスの割合が大変高いことが指摘される(4)

 もう一つの思い込みに、この種の暴力は北欧よりも南欧の「マッチョ」な国々のほうが多いというものがある。この点でも、偏った考えに走ってはいけない。確かに、女性に対するドメスティック・バイオレンスが深刻なヨーロッパの国として、筆頭に挙がるのはルーマニアだ。毎年平均して100万人あたり12.62人の女性が男性のパートナーに殺されている。しかし、この忌まわしい女性殺しの国別ランキングで、ルーマニアの次に続くのは、むしろ逆に女性の権利が最も尊重されている国々である。フィンランドでは、毎年100万人に8.65人が家庭という閉ざされた空間で殺害されている。以下、ノルウェー(6.58人)、ルクセンブルク(5.56人)、デンマーク(5.42人)、スウェーデン(4.59人)と続く。イタリア、スペイン、アイルランドは最下位に位置する。

 以上からわかるのは、このような暴力が、何よりも均等に世界中に見られる災厄だということである。この問題は、あらゆる国、あらゆる大陸に、またあらゆる社会的、経済的、宗教的、文化的集団に存在する。確かに、男女関係の中で、女性が男性に暴力を振るうこともある。イラクのアブ・グレイブ刑務所で女性兵士が男性拘留者に拷問を行っている写真が公になる以前から、残念なことに、拷問者の中に女性もいるという事実は知られていた(5)。さらに言えば、同性愛関係にも暴力がないとは言えない。しかし、圧倒的に多くの場合、被害者は主に女性である。

 こうした暴力は、フェミニスト団体が以前からずっと政府に注意を促してきた問題だ(6)。そしていまや、世界的規模ですさまじい状態に達している。これはもはや、人権の重大な侵害とみなさなければならない。しかも、深刻な公衆衛生上の問題でもある。というのも、これほど多くの死をもたらしているとはいえ、暴力は身体的なものばかりには限らず、心理的暴力、脅迫、威嚇、それに性的暴力も存在するからだ。そのうえ、多くの場合、あらゆる種類の暴力が同時に振るわれる。

 このような暴力の現場が被害者の自宅であることを常に口実として、政府当局は問題に向き合おうとせず、「私的な領域に属する問題」と片づけてきた。このような態度は、危険にさらされている人を助けるという義務を集団的に拒否するに等しい。とんでもない偽善だ。私的な領域もまた政治と無縁ではないことは周知の事実である。そして、この種の暴力が、歴史的に不平等な男女間の力関係の反映であることも知られている。大きな原因は家父長制にある。その基本には、女性が「生まれつき劣っていて」、男性が「生物学的に優れている」という考えがある。この制度こそが暴力の根源だ。これを適切な法律によって一掃することが必要だ。それには時間がかかると反論する人もいる。ならば真っ先に、いくつかのフェミニスト団体が求めるように、女性に対する暴力を裁く常設の国際裁判所を設置することから始めてはどうだろうか。

(1) 「アンリオン報告書」、フランス保健省、パリ、2001年2月。エリザベト・クラコフスカ「フランスの女性が被っている数々の暴力」(ル・モンド・ディプロマティーク2002年7月号)も参照。
(2) 以下の報告書参照。「女性に対する暴力に終止符を打つ:今日のための闘い」アムネスティ・インターナショナル、ロンドン、2004年。「フランスにおける女性への暴力:全国調査」、ラ・ドキュマンタシオン・フランセーズ、パリ、2002年6月。「暴力と健康についての世界報告」、特に第4章「親密なパートナーが振るう暴力」、世界保健機関、ジュネーヴ、2002年。
(3) オルガ・ケルトソヴァ「ドメスティック・バイオレンスに関する議員会議への報告書」、欧州評議会、ストラスブール、2002年9月。
(4) 前掲「アンリオン報告書」。
(5) ジゼル・アリミ「拷問者という女性名詞」(リベラシオン紙、パリ、2004年6月18日付)参照。
(6) 例えば、「世界女性行進」が2002年1月にポルト・アレグレの世界社会フォーラムで発表した「女性に対する暴力:もう一つの世界が行動を起こすべき問題」参照。全文はウェブサイトhttp://www.marchemondiale.org/に掲載。


(2004年7月号)

All rights reserved, 2004, Le Monde diplomatique + Mori Ryoko + Hagitani Ryo + Saito Kagumi

line
表紙ページ 本紙の位置づけ 有志スタッフ
記事を読む 記事目録・月別 記事目録・分野別
メール版・お申込 読者の横顔
リンク(国際) リンク(フランス)